ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2016.02.07 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.04.20 Friday

4月14日

32年目のこの日は、

東京から気仙沼へ。
プロジェクトを進めるために、
たくさんの方と出会っていました。

今、ちらりと日記を見返してみたら
ほんまいろんな場所で、この日を迎えている。


いつも
どこにいても

あったかい気持ちでいっぱいになる日

おめでとうをありがとう。



復興屋台村「気仙沼横丁」にて
『蒼天伝』の金。美味でごさいました。


すなびファミリーより。
HIRAHIRA じゃなくて HARAHARA の文字(笑)
まあハラハラさせる人生歩んでますけどー


ちせとまちちゃんとらんちゃんより。
ムサシといっしょに☆ 


2012.01.08 Sunday

茶柱が辰



小さな幸せ 大きな幸せ

いっぱい見つけられますように。

みんなにとって、「いい年」になりますように。

昇るしかない! 




年賀状を受け取ってくれたおばより。

「急がず、あわてず、お茶でもいっぷく入れて、
 ゆっくり人生楽しみましょう」
と言うことでしょうか?


そうそう
そんな気持ちで
あせらず、一歩ずつ、
踏みしめていきたいものです。


今年もどうぞよろしくおねがいします。



我が家の窓から(背伸びすれば)見える朝日
木々の間にちらりと水平線、今ならダルマ朝日◎
2011.04.22 Friday

3月11日

 3月11日(金)午後2時46分

その時、私はハワイにいた。
Tシャツアート展の開催準備のため、
砂美のスタッフとして現地入りしたのは8日。

ハワイ時間では、10日(木)の夜7時46分だった。
PRイベントの準備を終えた帰り道、9時ごろかな。
一緒にいたレイコさんの携帯に、旦那さんから電話。
「私の故郷の新潟は太平洋側か?だって」
「地震で津波がきたらしい。彼が泣いてる。」

そんな大げさな。。。

「地震」「津波」

聞きなれた言葉に、大惨事は想像できなかった。

次の朝、ホテルからホームステイ先に移動。
ステイ先のテレビで、初めて目の当たりにした。


言葉にならんかった。

ぼーっと、映像が、目の前を流れていった。



町を飲みこむ津波。
何度もおそってくる余震。
刻一刻と状況が変わる原発。
緊迫した表情の枝野さん。

遠く離れていても、
ネットさえあれば、ライブで情報が得られる。

でも、
情報を得れば得るほど、心があせった。


ハワイでも、すぐに支援の動きが始まった。
チャリティグッズやチャリティコンサート。
モンゴルでも、いろんな支援が行われてるって。

日本中、世界中が、家族のよう。


そんな動きを感じながら、
自分には何ができるか、何をすべきか。
心があせる。

募金、チャリティグッズを買うこと、
それはもちろん、すぐにできた。
でも、そんなんじゃ、全然足りない。

今、
自分には何ができるか、何をすべきか。


Tシャツアート展の準備を進めながらも、
これが、今すべきことなのか?という自問。
確信を失ったまま、日々をこなすのは辛かった。


だけど
応援や支援には、いろいろな形がある。
直接的、間接的、すぐに、後で、ずっと、
マンパワーとして、仕組みづくりとして。

そのことはずっと考えていた。



砂浜美術館としても、今年のTシャツアート展の開催を、
中止や延期の可能性も含めて、町などとも協議。
その結果、自分たちにできる応援企画をもりこみながら、
いつも通り元気に開催をしよう、ということになった。

そして今、応援プロジェクトを立ち上げようとしている。
砂美らしい、応援を。


それから、もうひとつ。
私が実践している応援が、1%プロジェクト。

これは、「海辺の日曜市」というマーケットを
企画・運営している畦地さんのアイデア;

買い物などに使った金額の1%を募金する。
心の1%でいつも被災地や被災者を想う。

今なら、たったの1%?と思うかもしれない。
でも、これは、ずっとずっと続けるために、
あえての 1%


身を削って無理をして、その時限りの支援。
そして、自分は支援をした、と納得する。
それって、私がやりたい形ではない。

お金の支援はもちろん大事で、絶対に必要で、
でも、大金を出せる人にはどうがんばってもかなわない。
でも、少しずつずっと、なら、自分にでもできる。


応援・支援・ボランティア
こういうものに対していつも思うのは、
あくまでも、
「自分がやりたくてやっている」
ということ。

「献身」ではなく
「志願」であること。

"Volunteers?"

って、英語の先生が言うことば
これって
「やりたい人は?」
「できる人は?」 の場面やんね。


自分がやりたいと思える形で、
自分ができる形で、
精一杯の応援をしたい。


きっとこれは、とてつもなく長い道のりだから、

少しずつ、ずっと。

そして、とてつもなく大きなパワーが必要だから、

仕組みづくりとして、
たくさんの人が関われる応援プロジェクトを。





2011.04.14 Thursday

お誕生日ありがとう。

31歳になりました。


まだまだ

アドベンチャー人生まっただ中です。


心身ともに健康で、

やりたいことを仕事にしながら生活している今

最高に幸せだと思います。



やはり、選んだ道は正しかった。うん。

こう思えていることが、答えやんね。



たくさんのおめでとう、受け取りました。

おめでとうをありがとう。




31歳初創作 文旦ピール


2011.01.17 Monday

明けましておめでとうございました

早いもので1月も半分以上たってしまった。


1月5日より、高知県黒潮町に住んでいます。

大好きな砂浜美術館で働いています。

今まで自分の時間の中で考えて行動していたこと

それを仕事としてできることのすばらしさ。

やりたいことやり甲斐があることのありがたさ。

かみしめています。

レールが用意されているんじゃなくて、

自分で草むらを分け入って道をつくる。

仕事もそんな感じやけど、でもやはり、

私はどこまでも、創ることの好きな人なので。

とことん、力を尽くしたい。




自分で選んで、今 ここにいる。

一期一会をたのしむ。 そんな生き方。


2011年も、みんなにとってすてきな1年になりますように。
2010.04.14 Wednesday

お誕生日ありがとう

30回目です。

また、一の位が0に。

再出発の気分。 って、

ひとあし先に誕生日を迎えたみっちの言葉。

 

20代の0〜9、最高に濃かった。最高に楽しんだ。

大学生になる年、1999年からつけ始めた日記は、10年をこえた。

残念ながら今モンゴルの手元にはないけど。

365×10。 全て、一期一会な日々。

 

0〜2:茨城にて最高楽しい大学生活。
   
3:実家大阪にて小学校教員免許の通信。母校で子ども支援のバイト。

4〜6:香川にて島の先生、いろんな学校で先生。桃農家。

7〜8:モンゴルにて協力隊。

  9:お誕生日は日本。2度目のモンゴル協力隊。

 

この状況の変化だけでも、かなり濃いです。

0:・・・・・と、いろいろ書いてみたけど、濃すぎて全く終わらない。

ので、ここに記すのはやめておきます。

 

とにかく「こうしたい」を、行動してきた20代。

 

その中で出会った、

人、もの、場所、時間 全てが、大切で愛おしい。

出会いに感謝したくなる、そんな瞬間がたくさん。

私は、出会いたいそれらに、出会えてる気がします。

 

そんな出会いの数々が、今の私を創ってる。

 

これまでの道はもちろん、これからの道も、

自分の道に、自信をもって、大好きでいたい。

 

これからも、前へ。
ちょっと肩の力、ぬいてね。


              牛の角ボタン


30代ものづくり第一号

            30記念くっきー

今日、出会うみんなへ。

2009.05.17 Sunday

おめでとうの日

なっちゃん
おたんじょうび おめでとう

またひとつ、ゆっくりと。

なっちゃんとのつながりは、
いつだってどこだって
私をわくわくさせます。

届けまーす


高知のTシャツアート展が、楽しくすてきに終了しました。
モンゴルのTシャツたち、潮風にひらひらしていました。
次はモンゴルの風に!
また、ゆっくりとレポートします。

実家でけっこうのんびりできているはずなんですが。。。
なにやら気持ちが忙しいのです。
なかなか更新できずごめんなさい。
毎度のごとく、ネタはいっぱいあるのに。

来週にはモンゴルへ行きます。
どうか、
インフルエンザ騒動がおさまりますように
2009.04.14 Tuesday

ありがとうの日

お誕生日おめでとう を ありがとう

ニッポンのケーキはしっとりしてるなぁ

20代最後の1年に突入しました。
30までは、自分のやりたいことのために生きる。
30からは、第2の人生のために生きる。ことにします。
2009.02.16 Monday

おめでとうの日

えりちゃん
お誕生日 おめでとう


30th Birthday in Mongolia のみんなへ

モンゴルもあったかくなってきました。
氷あそびも、そろそろ最後かなぁ。。。 
2009.02.14 Saturday

はっぴー

       ラブバレンタインラブ
  
     ラブラブ愛をこめてラブラブ

注)外です。  
  マイナス25℃です。  
  氷です。
Powered by
30days Album
PR