ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2016.02.07 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.03.23 Saturday

こちらもたまには



更新しよう。と、思い立って。
facebookの方が、もうちょっとだけ、マメです。

もうすぐ、また”ひらひら”の季節。
遊びに来てくれる予定のあるアナタ、ご連絡くださいませ!
2012.03.31 Saturday

宝さがし

2月中旬から3月いっぱい
とことん力を注いでいたこと

それは

砂浜美術館のある黒潮町
その町内全59地区の宝さがし
などなど、町内企画のいろいろ。


今年のTシャツアート展は
目標3000枚!
と「大きく」なることを目指しているけど

「大きく」なるには、
外に広げるだけでなく、
足元をきちんと大切にすることが、大切。
黒潮町のすみからすみまで、大切に。

その1つが、全59地区の宝Tシャツをつくる!
という企画。

そんな町内企画に、
全力で、挑戦させてもらっていました。


59地区全ての区長さんと電話で話して
「わが地区の宝とは?」を相談。
写真を借りに行ったり、一緒に歩いて写真を撮ったり
イメージをきいてこちらで素材を探したり、デザインしたり。

どうにかこうにか、59この宝、集めきった。
これが、Tシャツにのって、ずら〜っと並びます。
今年の砂浜では、黒潮町の宝もんも、ひらひら。


いろーーーーーーんなことがあったな。
いろーーーーーーんな人に助けてもらったし。

この企画がなければきっと
出会わなかった風景、人。
動いた分だけ、出会いは広がる。
ほんとにいい経験やった。


「地域」をこんなに意識したこと、
これまでなかった。


自分の生まれ故郷、堺も、
こんなふうに意識したこと、なかった。
大きすぎて、全体像が視野に入らんもんなぁ。

だけど、きちんと、大切にしてみたいな、と思う。

どんな場所で暮らすにしても、
そこが好き、と言える自分でいたい。
「宝」に気づける自分でいたい。




田んぼの中にたたずむ大井川の嶋神社
の苔むした石段に生きる葉っぱたち。












2012.02.08 Wednesday

テレビに出ます

その1



カツオのたたきバーガー @ 秘密のケンミンSHOW

2月9日(木)21:00〜
わがまち黒潮町のご当地バーガー。
街頭インタビューで登場してしまうかも。。。



その2



梅原 真 氏 @ プロフェッショナル 仕事の流儀

2月20日(月)22:00〜
(13日の予定が延期になったもよう)
砂浜美術館の生みの親、デザイナー。
写真はいただいた年賀状。



なにやら周辺が盛り上がりそうです。
2011.10.17 Monday

笑顔を生むもの

目に入った瞬間、ぱぁ〜っと、
自分の顔が笑顔になるのがわかった。





光の切り絵 作家 酒井敦美さんの個展。
日没を待っての、野外展示。





うわ〜〜〜〜〜〜





芝生の上に写しだされた線路を、子どもたちがかけ回る。
そりゃあ 私だって、走りたくなる。





クジラにのって






秋にかこまれて




しぜんと、笑顔になる空間

作品が変わる合い間の ふっと広がる闇には
満点の星空と 松原の影と
自然も、笑顔になってるかもなあ



酒井さんのあたたかさが、
そのまんま作品になっているよう。

表からと裏から 光をあてる方向で絵が変わる
光の切り絵 室内展示も、とてもとてもすてきでした。

あったかい涙が、こぼれそうになりました。










土佐の海には、本物が泳いでいます。
こないだ、われらが館長 ニタリクジラ に逢いにいってきました。
大きくて美しくて、あったかいものが体中に広がる、そんな感じ。
このこたちにも、笑顔を生む力がたっぷりです。








2011.10.08 Saturday

ある日のわたし



いや、説明せんでもわかりますし。


ちなみに姉は、かばんに
「かばんです」 と書きました。
油性マジックではっきりと。

てか、これもお姉ちゃん??



これから25年ぐらい。。。4半世紀!
そら、ぎっくり腰も経験するかぁ

認めたくないけど、「ぎっくり」の瞬間がありました。
これはただの腰痛ではなく、おそらくソレです。
さわやかなバレーボールにて。

そろりそろりと 
ちょっとおとなしめに生活を送っています。




 
2011.09.05 Monday

自分のいるところ

今日、
「 Iターンでここにいる人に話をききたい。」
という依頼をうけて、話しました。

(Iターンとは、故郷じゃない地方へ移住すること)


問 「どうして、ここへ来たんですか?」

答 「砂浜美術館があるからです。」

これまでのいきさつ云々はもちろんあるけど、
簡単に言えば、そういうことです。


「住みたい場所」ありきじゃなくて
「やりたいこと」ありき。

ずっと、そうやって、今まできたなぁ。

大学で茨城に行ったのも
先生で香川に行ったのも
協力隊でモンゴルに行ったのも

その場所に行きたいというより、
やりたいことがあったのが、その場所やった。

決して、故郷が嫌いなわけじゃない。
大阪も、堺も、北野田も、大好きです。

けど、どこに住んでも、
「住めば都」とはよく言ったもんで。
いつも、お気に入りにたくさん出会って、
その場所が大好きになる。
動いた分だけ、お気に入りが増えた。

そういうのを繰り返してきたから、
なんか、どこかへ移り住むことに対して
不安といったものが、ほとんどない。
そこまで、大変なこととも感じない。
たぶん、どこにでも、
すてきなことも、楽しいこともあるもんね。
初対面も、けっこう得意やし。


ただ、今は、
砂浜美術館に関わること が いちばんやりたいこと で
砂浜美術館がここにあるから、ここにいます。





でも、
ここにいたいから、ここでやりたいこと(できること)を探す
という「住みたい場所」ありき な生き方も、
それも幸せな生き方やなぁと、思う。
そういう場所を見つける、そういう場所にいられるって、
とても幸せなことだと思います。

 

それと
「やりたいこと」ありきな生き方を応援してくれる
お父さんお母さんに、ありがとう。


2011.04.04 Monday

桜のとき



高知県黒潮町の桜だより

すでに満開間近。
しかも葉っぱがフライングです。


発信することの大切さ

実行に移さなければ。
思ってるだけでは、思ってないも同然。


大好きな春がきた。 
2009.04.05 Sunday

ただいま にっぽん

遅くなりました。
3月28日、にっぽんへ。
4月2日、大阪へ。

にっぽんって、
すっごいなぁ―――

海とモンゴルブーツ


一番食べたかったもの=卵かけごはん(ヨード卵光)


変わらない我が家


お母さんの第一ごはん(朝ごはん)


家族 全員集合!

「ただいま」と「おかえり」
これがあるから、遠くでもがんばれる。

みんな ありがとう
ただいま―――――

ゆっくり、会いに行きますね。
2007.06.17 Sunday

大量UP

たっくさんUPしました。
お楽しみくださいませ〜

5月1日から
いろいろ ございます。
2006.12.26 Tuesday

胎教?

今、我が家には妊婦さんがいます。
姉のまみちゃん。
お腹には、まめちゃん。

よし!おばさんがいっちょ歌を!
というわけで、弾き語りです。

曲目は、「ハッピーバースデイ」
    「聖者の行進」
    「スタンドバイミー」

いや。実際は、いずれも歌なし。
なぜなら歌う余裕がないから。
必死のギターなんです。

モンゴルが決まってから、
「ギター弾いて歌えるようになりたい!」
と、いきなりアコギを購入したのは3月。
それから、やろうやろうと思いながらも月日が流れ・・・

12月3日
「ボサノヴァギター教室無料体験」というチラシを発見。
もう訓練開始まで1ヶ月やけど?
いや、でも、とにかくちょっとでもギターを習ってみたい。
よし。やってみよう。

12月19日
初めてのギター教室。
ちゃんとチューニングするもの初めて。
ちゃんとコード弾くのも初めて。
1月からは訓練4月からはモンゴルだし。
弾きたいのはボサノヴァじゃなくてまずは童謡だし。
かなり「特異な」(←先生の表現。はいその通りです)
生徒ではありますが、やる気は満々。

続いて23日25日と、
ものすごい詰め込みで、いろんなことを教わりました。
すんばらしく濃いギター教室。感謝感謝です。

ギター楽しい。一気にギター好きに。
早く弾いて歌えるようになりたいな〜
というわけで、毎晩練習。
胎教になっているかは、謎です。

Powered by
30days Album
PR